Litho Posters @ elega Day4

 

Litho Posters @ elega 2011.9.2(fri) – 6(tue) elega

Litho Posters 3日目です。

本日の作品は、チリダ(¥16,000)

スペインを代表する彫刻家の一人。鉄や石の塊を使った

野外彫刻で有名です。この作品はparisのギャラリーMaeghtで

展覧会をした時のものです。

チリダの彫刻作品

「未知を前にしての驚異こそが、私の師であった。

私は風を見たことはないが、雲が流れるのは見ている。

時を見たことはないが、木の葉が散るのは見た」Chillida

 

二点目はこちら。

CALDER(¥15,000)

1971年のに展覧会をしたときのポスターと思われます。

父、祖父ともに彫刻家という環境の中で育ち、自身も

彫刻家への道へと進みます。

彼の発表したモーター仕掛けの彫刻にマルセル・デュシャンが

「モビール」と名付けたことにより、後に風で動く彫刻を

モビールと総称するようになったそうです。

カルダーのモビール作品

チリダの彫刻は、鉄が錆びていく様と共に完成する作品。

時を超えて親しまれているカルダーのモビール。

 

 

二点ともきっとこれから先、時間が経っても古さを感じない、

むしろその方が新しさを感じる作品なのかもしれません。

gallery marghu

 

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。