Archive for 2010年9月

George Braque

2010/09/27

ジョルジュ・ブラック  『オマージュ ア デュフィ』

1960〜1965/リトグラフ/ed.1000/50×44cm(額外寸)

sold out

ラウル・デュフィの死後、生前デュフィが貰っていた

手紙を編集。親交のあった作家、ブラックやビュッフェ

シャガールなどが、デュフィに宛てた手紙と作品を制作し

ポートフォリオにした。

今回ご紹介するのは、その一部です。

作品下部には、グラックの刷り込みサインと、

“HOMMAGE A DUFY”の言葉があり、画面では見えませんが

裏にはブラックがデュフィへ書いた手紙があります。

GALLERY MARGHU

(0942) 31-0201

marghugallery@gmail.com

広告

霧島アートの森

2010/09/24

昨日、『三沢厚彦展 ANIMALS in KIRISHIMA』を観に、

鹿児島にある霧島アートの森へ行ってきました。(昨日まで)

天気は雨という予報にも関わらず、晴れっ!!!

テンション上がります!!!

三沢さんご本人からの作品説明では、平安時代から受け継がれて

いる“寄木造り”という木の固まりを組んで作っている事、

本物の動物とだいたい同じ大きさで作られている事、

作品への思い入れなどなど、沢山の楽しいお話しを聞く事が

できました。

きっとあたたかい素敵な方なんだろうなぁ。。。

その他にも、アートの森には常設で沢山のオブジェが敷地内に

あります。子ども達がキャッキャと走りながら野外作品に触れ

ていたり、森の中で探検しながら作品を探していたり。

大人も子どもも楽しめる美術館でした。

これから気候も良くなるし、皆様も是非行ってみては???

まめ知識 – 版画っておもしろい3 –

2010/09/22

最後はリトグラフ

その昔は石灰石を版として使っていたが、現在は亜鉛やアルミニュウムで

代用する方法もある。しかし、石の方がより豊かなトーンを表現出来る為

石灰石を使うことを好む作家もいる。

水と油は互いに混じり合わないという現象を利用する方法。

まず、石面上に脂肪性のクレヨンやインクで描く。次に弱酸性溶液をぬる。

そうすると、水をはじく部分(油性物質を受け入れる部分)と水分を保つ

部分ができる。

版面を水で湿らせた後、油性のインクをのせると、描いた部分にのみ

インクは付着し、その他の部分は水ではじかれてインクは残らない。

最後に版の上に紙を乗せて刷る。*文章で説明しても難しいですね…*

リトグラフは、19世紀から20世紀の印刷術に計り知れない影響を与え

続けた。上の写真は19世紀後半の子どものおもちゃ(あやつり人形)。

ちょっと顔は恐いけど、今の子ども達と同じ様にこれを切り抜いて遊んで

いたと思うと、へ〜!!!という感じである。

まめ知識 – 版画っておもしろい2 –

2010/09/22

昨日から版画の技法についての説明を色々としてますが、

今日は銅版リトグラフについて。

まずは、銅版

これは銅版の中でもドライポイントという技法。

ニードルという先の尖った針やナイフなどで、版を直接引っかく様にして

描画する方法。金属を引っかいたり彫ったりすると、削りカスやまくれ

あがった部分が彫った線の両側に残る。この部分に付いたインクは独自の

にじみ作って、より深い調子の表現を生む。

まめ知識 – 版画っておもしろい –

2010/09/21

先日東京へ行った際、以前から行ってみたかった

町田にある国際版画美術館へ行ってきました。

ここは全国的にも珍しい版画専門の美術館。

版画作品の展示はもちろんのこと、作家さんが

作品を制作する作業スペースも併設されていました。

版画に親しんでもらおうと、夏休み中の子ども達でも

わかるように作業工程の説明ボードがあってとてもわかりやすい展示。

写真OKだったので、一部紹介しますね。

まずは、皆さんご存知の木版

木を彫って版とする技法。小学校の時彫刻刀を使って作品を作った方も

多いはず。浮世絵もこの技法で作られています。

次はシルクスクリーン(スクリーン・プリント)

四角形の木枠(又はアルミ枠)に布(当初は絹、現在は化学繊維)を張り

その布に、様々な手法でインクが通過する部分と通過しない部分を作り、

分厚いゴムベラでスクリーンの上をこすって、インクを版の下へと押し出し

版の下に置いておいた紙に付着させる。

昔、プリントゴッコってあったけどそれと同じ仕組み。

アンディ・ウォーホルも多用した技法で、現在だとTシャツのプリント

なんかにも使われている。

言葉で説明すると何だか難しい技法も、実物や写真があるとわかりやすい。

ROKKAKU Ayako

2010/09/14

ロッカク アヤコ   『Work』

2006年/キャンバスにアクリル/132×162cm(100号)

¥お問い合わせ(額付・税込)

可愛い女の子のモチーフが多いロッカクアヤコにしては珍しい作品。

サイズも大きく、迫力があります。

絵柄は、恐竜 vs 牛?

青いモコモコに赤い足が生えた軍団が仲裁に入っているのか??

ただ可愛いだけじゃない、ちょっとトゲのある作品です。

ROKKAKU Ayako  『Work』

2006/acrylic on canvas/52×64 in.

¥ Please inquire the price


GALLERY MARGHU

(0942) 31-0201

marghugallery@gmail.com

ROKKAKU Ayako ロッカク アヤコ

1982年

千葉県生まれ

2002年

路上でライブペインティングを始める

筆を使わず、手で直接キャンパスや段ボールに描いていく

2006年

スイスでのアートバーゼル出展時に行ったライブペインティングで

100枚以上を描き完売

現在も国内外で活躍中