Andy WARHOL

warhol

warhol 2

アンディ・ウォーホル  「電気椅子」

1971/シルクスクリーン/ed.152/250/レゾネNo.74

93×125cm(額外寸)/サイン有/ sold


Andy WARHOL  (アンディ・ウォーホル)

1928

アメリカに生まれる

1950

大学卒業後、ニューヨークへ移り『ヴォーグ』など

雑誌の広告やイラストのデザインを手掛ける

1961

身近にあったキャンベル・スープの缶やドル紙幣を

モチーフにした作品を描き始める。

1964

ニューヨークにファクトリー (The Factory、工場の意) と

呼ばれるスタジオを構える


派手な色彩で同じ図版を大量に生産できるシルクスクリーンの技法を用い、

スターのイメージや商品、ドル記号など、アメリカ社会に流布する軽薄な

シンボルを作品化した。作品は豊かなアメリカ社会を体現する明快な

ポップ・アート、商業絵画としても人気を博したが、そこにはアメリカの

資本主義や大衆文化のもつ大量消費、非人間性、陳腐さ、空虚さが表現

されていると見ることもできる。


1987

永眠(享年59歳)

お問い合わせ

GALLERY MARGHU

(0942) 31-0201

marghugallery@gmail.com


広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。