Andy WARHOL

アンディ・ウォーホル

電気椅子 (Electric chair)


ウォーホルが死刑執行用の椅子を初めて作品のモチーフとして

使ったのは、1963年。当時、死刑執行がいわば時局的問題として

人々の注目を集めており、死に思いを巡らす画家ウォーホルの関心を

大いに惹いたものだと思われる。

ウォーホルは、「静粛に」とサインの掲出された大きな部屋に、処刑用の

器物だけが置かれた写真を用いて作品を生みだした。

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。