Maurice Utrillo

ユトリロ1

ユトリロ2-1

モーリス・ユトリロ  「ラパン」

1950 / ポショワール / 58×52㎝(額付) / sold out

ポショワール:

インクをのせるところだけを切り抜いて筆で彩色する版画技法。


生まれ育ったモンマルトルの裏町を、ひたすら描き続けた孤独なユトリロ。

それはアルコール依存症の自分を治癒させる為の手段と、

母の愛を渇望し、母の為に描いた人生だった。

タイトルの「ラパン」は当時、ピカソやブラックが集う有名な酒場だった。

お問い合わせ

gallery marghu

(0942) 31-0201

marghugallery@gmail.com

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。